バイアグラ


バイアグラは、狭心症のお薬が開発されていく過程で生まれた、ED治療薬です。
発売されたばかりのED治療薬ということもあり、バイアグラの副作用についてはあまり知られてませんでした。今では、ネットなどで色々とバイアグラについての知識も得ることが、簡単にできるようになってきたこともあり、バイアグラ発売当初のような事故は、起きなくなりました。 しかしながら、バイアグラの作用と副作用についてはもう少し知識をつけておいて、安心してバイアグラを服用できるようにしておいたほうが懸命でしょう。

バイアグラの作用と副作用  ー副作用ー
大きな副作用としては、心臓病をわずらっているニトロ服用者が、バイアグラを服用してしまった際には、極端な低血圧にいたり、死の危険性があるということです。体の隅々まで、血液が届かなくなるからです。一度このような事故が起こり、その後ニトロ服用者は、バイアグラを服用してはいけないことになりました。病院などでED治療薬を求める際は、医師からの申し出、またはご自分が健康な状態であっても、一度バイアグラ服用前に、医師の元
で検査をしてみてもらったほうが良いでしょう。


バイアグラの作用と副作用  ー作用ー
バイアグラは、性欲を促進させたり、性欲を起こさせるお薬ではありません。バイアグラは、勃起がうまくいかない方のための、ED治療薬なのです。なので、バイアグラを服用したからといって、エッチな気分になったり、またエッチをしたくなったりとかにはなりません。
バイアグラが勃起を促す仕組みとしては、海綿体に血液を送るのを阻害しているPDE−5酵素の働きを抑制して、海綿体に血液を十分に送り込めるようにすることで、勃起ができる仕組みを作り出すのです。


バイアグラの作用と副作用 ーおさらいー
バイアグラは狭心症のお薬として開発されており、主に身体に作用する副作用としてあげられるのは”血管拡張”です。この”血管拡張”は海綿体のみに作用するわけではなく、身体全身に作用いたします。そのため、主にある軽い副作用として”ほてり”、”鼻水”などがあります。鼻水に関して申し上げますと、身体全体にいきわたるので、鼻の中の毛細血管にも作用するからです。
これらの副作用は通常誰にでも起こり、バイアグラが正常に作用している証拠にもなります。厄介な副作用として”頭痛”があげられます。頭痛が起きたからといって、頭痛薬を服用してはなりません。薬の上に薬を服用してしまっては、身体にとても害を及ぼす行動です。
頭痛が起きてしまうと、セックスどころではなくなってしまうので、バイアグラの量を減らすか、他のED治療薬に変えてみましょう。その他、動悸もあげられますが、一時的なものなので、治ります。しかし、動悸が酷くなり不整脈を感じるようであれば、一度医師にみてもらったほうが良いでしょう。

詳しくはこちら